Dionne Bregent "…Et Le Troisieme Jour"
型番 OMH16110853
販売価格
SOLDOUT


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける


Dionne Bregent
…Et Le Troisieme Jour
Sonopresse (France) 1976
69.647 (LP) コーティング・ジャケット, インサート
sleeve : EX-(SRW,側面一部/角擦れ,折れジワ)
media : EX-/EX-(薄いスリキズによるわずかなチリノイズ/一部軽いチリノイズが入る箇所あり)

カナダ・モントリオールのコンポーザーMichel-Georges Bregentが、Vincent Dionneとともに結成し、1975年から1979年にかけて活動したアヴァン・デュオ、Dionne Bregentによる1976年リリースの1stアルバム。カナダのソプラノ・オペラ歌手Pauline Vaillancourtのほか、Judith Richard、Mary-Lou Gauthier、Yves Lapierreなど、様々なシーンで活動する女性シンガーをフィーチャー。チャイムの微細なサウンドとオルガンの荘厳な響きがミステリアスに揺らぐA1、ミニマルにシークウェンスする鳴りものとクラシカルなコーラスにスペーシーなシンセサイザー・ソロがからむA2をはじめ、宗教音楽の要素を加味したモダン・クラシカルな志向とプログレッシヴ・ロック的構築がされた展開が折衷した、独創的な宇宙観が凄過ぎる、コズミックかつエクスペリメンタルなアヴァン・エレクトロニクス作品。凄いです。大推薦。(Chee)

A1: L'incarnation
A3: Resurrection

organic sound, experimental, avant-garde, electronic, art rock, progressive rock



マイアカウント

商品購入時に登録できます。
次回購入時にお客様情報の自動入力や購入履歴の確認が可能です。
マイアカウントはこちら

メールマガジン

新入荷・コンテンツ更新など最新情報をメールでお知らせします。
メルマガ登録はこちら

コンディション

コンディション表記の詳細はこちらをご覧ください

取置きについて

ご注文日から1週間(土日祝祭日含)の取置きができます。追加注文を頂いた場合は最長2週間(土日祝祭日含)まで取置き可能です。※ 初めてご注文のお客様は2回目のご注文より取置きが可能になります。 詳細はこちらをご覧ください

送料無料

商品代金合計10,000円(消費税込)以上ご注文の場合、送料無料!!! 詳細はこちらをご覧ください

外国人の方へ

Please e-mail us first, if you are interested in our item.
We will ship worldwide. And we accept Paypal.