Masahiko Satoh “Pavane Lachrymae”
型番 OMH17110448
販売価格
SOLDOUT


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける


佐藤允彦
涙のパヴァーヌ
Denon (Japan) 1978
YX-7536-ND (LP) インサート
sleeve : VG+(SRW,TEOC,SPSE/TOC:天面端10cm程裂け/テープ補修,角擦れ,薄いシミ)
media : EX-/EX-(薄いスリキズによるわずかなチリノイズ/一部軽いチリノイズが入る箇所あり)

1969年にリーダー・アルバム『パラジウム』でデビュー以降、第一線で活動を続けた日本を代表するジャズ・ピアニスト、佐藤允彦による1978年リリースの傑作ピアノ・ソロ・アルバム。17世紀の伝統歌曲『涙のパヴァーヌ』をリアレンジした作品。打楽器奏者の高田みどりとの共作などジャズにとどまらない幅広い活動でも知られる佐藤允彦ですが、本作もスタンウェイ・ピアノを軸にKorg PS-3100 Polyphonicや名機EMS Synthi AKSなどのシンセサイザー、Fenderエレクトリック・ピアノ、ハープシーコードを駆使して、ジャズの枠を完全に超越した素晴らしい演奏を披露しています。とくに素晴らしいのが、ミニマルにループするシンセサイザーのフレーズのうえでアコースティック・ピアノが押し寄せては消えていく波のように様々な情景を描き出すディープ・メディテーティヴなA2と、EMS Synthi AKSによる不規則な電子音のうえでFenderエレクトリック・ピアノがエクスペリメンタルに揺れるB3。柔らかにトレモロするFender Rhodesと柔らかなタッチのアコースティック・ピアノのコントラストが儚くも美しいA3も素晴らしいです。大大推薦盤。(Chee)

A2: No nights are dark enough
B3: And fear, and grief, and pain

organic sound, experimental, ambient, meditation, electronic, synthesizer, free jazz



マイアカウント

商品購入時に登録できます。
次回購入時にお客様情報の自動入力や購入履歴の確認が可能です。
マイアカウントはこちら

メールマガジン

新入荷・コンテンツ更新など最新情報をメールでお知らせします。
メルマガ登録はこちら

コンディション

コンディション表記の詳細はこちらをご覧ください

取置きについて

ご注文日から1週間(土日祝祭日含)の取置きができます。追加注文を頂いた場合は最長2週間(土日祝祭日含)まで取置き可能です。※ 初めてご注文のお客様は2回目のご注文より取置きが可能になります。 詳細はこちらをご覧ください

送料無料

商品代金合計10,000円(消費税込)以上ご注文の場合、送料無料!!! 詳細はこちらをご覧ください

外国人の方へ

Please e-mail us first, if you are interested in our item.
We will ship worldwide. And we accept Paypal.