Ray Lema “Kinshasa-Washington D.C.-Paris”

型番 OMH17110480
販売価格 1,580円(税込)
購入数



Ray Lema

Kinshasa-Washington D.C.-Paris

Selluloid (France) 1983

CEL 6658 (LP)

sleeve : VG+(SPSE:5cm程底面抜け/天面及び背面細かい破れ剥がれ,側面/角擦れ)

media : EX-/EX-(薄いスリキズによるわずかなチリノイズ/一部軽いチリノイズが入る箇所あり)


アフリカ・コンゴ出身、フランスで活動したマルチ・ミュージシャンRay Lemaが1983年にフランスのCelluloidレーベルからリリースした2ndアルバム。ジャズ、R&B、レゲエなど様々な要素をハイライフに融合させたなかなか珍しい作風で、1980年代に隆盛したワールド・ミュージック・ムーヴメントを牽引することとなったRay Lemaですが、本作でもライヴ・インストゥルメンツにシンセサイザー・サウンドを取り込んだ軽快なアフリカン・ミュージックを披露していますが、何と言っても素晴らしいのが、ベリンバウやピアノをバックに鼻歌のようなチャントとコーラスがトッピングされた、CodonaやBengt Bergerの『Bitter Funelal Beer』などのECM作品に通じるB3、ポリリズミックにビートを刻むパーカッションに絡むピアノとホーンがフリーキーに舞う、Hermeto Pascoalを彷彿とさせるB4の2曲。どちらもエスニック・ジャズ・テイストで最高。(Chee)



B3: Sahara

B4: Black Atlantis


organic sound, world music, africa, congo, high life, ethnic jazz



ORGANIC MUSIC PLANET BABY
Top