Terje Rypdal “Whenever I Seem To Be Far Away”
型番 OMH18060567
販売価格
2,980円(税込)
購入数


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける


Terje Rypdal
Terje Rypdal
ECM Records (Germany) 1971
ECM 1045 ST (LP) 1st. pressing
sleeve : VG+(SPSE:コーティング剥がれ跡,角擦れ)
media : EX/EX+(A:再生音に影響ないごく薄いスリキズ1本あり)

1960年代初頭にロックンロール・バンドThe Vanguardsでデビュー後、1960年代中後期に同郷のギタリストJan Garbarekとの出会いによりジャズへとフィールドを移し、以降その幅広い音楽的センスにより数々の名作を残すこととなるノルウェー屈指の技巧派ギタリスト、Terje Rypdalが1974年にリリースしたECMからの2作目にして超傑作。Jon Christensen(per)、Sveinung Hovensjo(b)、Pete Knutsen(mellotron,el-p)、Odd Ulleberg(fh)ら北欧のジャズ・ミュージシャンが脇を固めています。side AはPete Kuntsenによるメロトロンのトリッピーなサウンドを交えながら、Terje Rypdalのサイケデリック極まりないエレクトリック・ギターが炸裂。17分37秒に及ぶside Bは、Sudfunk Symphony Orchestraを迎えた壮大なオーケストラ・ジャズ・トリップ。いずれも宇宙的な広がりを感じさせるコスミック・ジャズ・ロック名作。オリジナル・ドイツ盤1stプレスです。

A1: Silver Bird is Heading for the Sun
A2: The Hunt

organic sound, jazz rock, jazz funk, electric jazz, ethnic jazz, contemporary jazz, jazz groove



マイアカウント

商品購入時に登録できます。
次回購入時にお客様情報の自動入力や購入履歴の確認が可能です。
マイアカウントはこちら

メールマガジン

新入荷・コンテンツ更新など最新情報をメールでお知らせします。
メルマガ登録はこちら

コンディション

コンディション表記の詳細はこちらをご覧ください

取置きについて

ご注文日から1週間(土日祝祭日含)の取置きができます。追加注文を頂いた場合は最長2週間(土日祝祭日含)まで取置き可能です。※ 初めてご注文のお客様は2回目のご注文より取置きが可能になります。 詳細はこちらをご覧ください

送料無料

商品代金合計10,800円(消費税込)以上ご注文の場合、送料無料!!! 詳細はこちらをご覧ください

外国人の方へ

Please e-mail us first, if you are interested in our item.
We will ship worldwide. And we accept Paypal.