Toru Takemitsu “Miniatur IV : Art of Toru Takemitsu”
型番 OMH19010043
販売価格
SOLDOUT


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける


武満徹
ミニアチュール 第4集/武満徹の芸術
Deutsche Grammophon (Japan) 1975
MG 2476 (LP) 帯
sleeve : EX+
media : EX+/EX+(一部わずかにチリノイズが入る箇所あり)

1975年にリリースされた、日本が世界に誇る音楽家である武満徹の「ミニアチュール」シリーズの第4集にして超傑作。演奏陣にはMichael Ranta、佐藤英彦、ヤマシタ・ツトム、山口保宣ら4人のパーカッショニストが参加し、武満徹自ら監修を手がけています。side Aには1970年に作曲された「四季(シーズンズ)」、side Bには1967年に作曲された「ムナーリ・バイ・ムナーリ」を収録。「四季(シーズンズ)」は1970年大阪万博の鉄鋼館<スペース・シアター>で開かれた現代音楽祭のためにFrancois Baschetが制作した鉄製のサウンド・スカルプチャーによって演奏される音楽として作曲されたもので、4人の奏者がインストラクションに従いながら相互の響きに感応して即興演奏するというもの。「ムナーリ・バイ・ムナーリ」は多方面で数多くの作品を残したイタリア人デザイナーBruno Munariが制作した本『Invisible Book』に基づいて作曲されたもので、素材を任意に組み合わせて奏者が自らの音楽を生み出していくというもの。どちらも即興性の高い音楽ですが退屈な局面が一切なく、さまざま打楽器とボイスが空間に絵を描いていくような美しく張り詰めた緊張感があります。ヤマシタ・ツトムが参加しているからか、氏の傑作『Red Buddha』のような非常にスピリチュアルな空気が感じられます。美品です。

A: 四季(シーズンズ)
B: ムナーリ・バイ・ムナーリ

organic sound, contemporary, modern classical, avant-garde, experimental, ethnic



マイアカウント

商品購入時に登録できます。
次回購入時にお客様情報の自動入力や購入履歴の確認が可能です。
マイアカウントはこちら

メールマガジン

新入荷・コンテンツ更新など最新情報をメールでお知らせします。
メルマガ登録はこちら

コンディション

コンディション表記の詳細はこちらをご覧ください

取置きについて

ご注文日から1週間(土日祝祭日含)の取置きができます。追加注文を頂いた場合は最長2週間(土日祝祭日含)まで取置き可能です。※ 初めてご注文のお客様は2回目のご注文より取置きが可能になります。 詳細はこちらをご覧ください

送料無料

商品代金合計10,800円(消費税込)以上ご注文の場合、送料無料!!! 詳細はこちらをご覧ください

外国人の方へ

Please e-mail us first, if you are interested in our item.
We will ship worldwide. And we accept Paypal.