Saburo Kitajima “Ryo-ka”

型番 OMH19060175
販売価格 SOLD OUT



北島三郎


漁歌


Crown Records (Japan) 1983


CWA-187 (7”) Crownオリジナルペーパースリーヴ, 振付カート


sleeve : NM-


media : EX+/NM-(一部ごくわずかにチリノイズが入る箇所あり)



サブちゃんこと北島三郎による1983年リリースの7インチ・シングル。なんと清水靖晃がアレンジを手掛け、盟友であるプロデューサーの生田朗とともにサウンド・プロデュースも行い、エンジニアリングも多くの清水靖晃作品を手掛けるオノ・セイゲンという大問題作。同年にマライア・プロジェクトの最終作品となった傑作『うたかたの日々』を発表した清水靖晃ですが、本作はその『うたかたの日々』で実践されている日本古来の五音音階と最新のエレクトロの融合を、実際に演歌という日本固有のフォーマットに落とし込むという、非常に斬新な発想が実現されたもの。しかも言わずもがな演歌界の巨頭であるサブちゃんの楽曲で実現されたことは奇跡に近い大事件です。サブちゃんの歌唱があってこそ活きる演歌とエレクトロの融合ということで、side Aのボーカル・バージョンにぜひ注目して聴いてほしいですが、side Bのカラオケ・バージョンではボーカルの主旋律を情緒溢れる演奏で奏でる清水靖晃のサックスを楽しめます。振付カードが付いています。





A: 漁歌


B: 漁歌・インストルメンタル



organic sound, leftfield, new wave, electronic, experimental, world music, japan, traditional, enka



ORGANIC MUSIC PLANET BABY
Top