Koichi Oki “Meets GX-707”

型番 OMH19080179
販売価格 SOLD OUT



沖浩一


沖浩一とエレクトーン[GX-707]の世界


Canyon (Japan) 1974


C-5206 (LP) 見開きジャケット, 帯


sleeve : EX(角擦れ)


media : EX+/EX+(一部わずかいチリノイズが入る箇所あり)



『An Electone Adventure in Sound』などジャズ・グルーヴ名盤も残す日本を代表するエレクトーン・プレイヤーのひとりである沖浩一による1974年リリースのアルバム。ジャズ・ドラマーの石川晶が参加。発振器、フィルター、アンプを電圧によって集団制御する、発音原理はシンセサイザーと同一のYamaha電子オルガンGX-707のデモンストレーション的作品。全編クラシックの名曲カバーですが、沖浩一の他作品同様にクラシックからはほど遠いコスミックなアレンジが施されていて、石川晶のパワフルでファンキーなドラミングとともにスペーシーなサウンドが飛翔するA1、イージー・リスニング調ながら今だからこそ注目したい面白いエレクトーン・ミュージックが多数収録された名盤。





A1: ツァラトゥストラはかく語りき


B5: 月の光



organic sound, electronic, synthesizer, electone, jazz funk, jazz groove, lounge, easy listening,





ORGANIC MUSIC PLANET BABY
Top