Kiyoshi Shomura "12 Songs for Guitar"

型番 OMH20060239HS
販売価格 SOLD OUT
荘村清志
12の歌・地球は歌っている
Toshiba Records (Japan) 1977
TA-72039 (LP) 帯, インサート
sleeve : EX+(一部ごく薄い汚れ)
media : EX+/EX+(一部わずかにチリノイズが入る箇所あり)

スペインのギタリストNarciso Yepesに師事しマドリッドで修行、イタリアなどでも講演を多数行った後に帰国し、1969年に日本デビューしたギタリストの荘村清志による1977年リリースのアルバム。言わずもがな日本を代表する現代音楽家の武満徹が全編の編曲を手掛け、アメリカのスタンダード・ナンバーから映画音楽、大正時代の愛唱歌、さらにはビートルスのナンバーまでを素晴らしいアレンジとガット・ギターの演奏で披露しています。まったく刺のない穏やかなサウンドがとても心地良く音場に浮遊します。難しいことは一切なく、ただただ気持良い音楽です。武満徹のこういったアプローチは貴重ですね。インサートには詩人の谷川俊太郎のエッセイが掲載されています。アートワークも秀逸。

A3: Summertimes
A4: A Song of Early Spring

organic sound, contemporary, modern classical, acoustic, guitar solo

ORGANIC MUSIC PLANET BABY
Top