Jarmo Sermila & Emil Viklicky "Confluence"

型番 OMH20060450HS
販売価格 SOLD OUT
Jarmo Sermila & Emil Viklicky
Confluence
Jase (Finland) 1985
JASELP 0004 (LP)
sleeve : EX(SRW,側面一部/角わずかに擦れ)
media : EX/EX(わずかにチリノイズが入る箇所あり)

ガイドブック『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』掲載。強烈にディープなエクスペリメンタル/コンテンポラリー作品も残しているフィンランドの知られざる奇才マルチ・インストゥルメンタリストJarmo Sermilaが、旧チェコスロヴァキアのジャズ・ピアニストEmil Viklickyとともに制作した、1985年リリースのこれまた知られざる傑作アルバム。レゾナンスをブリブリに聴かせたアナログ・シンセサイザーのアルペジオにDon Cherryを彷彿とさせるミュートを効かせたトランペットがミスティックに舞うA1からいきなりググっと引き込まれますが、その後もライヴ・インストゥルメンツと電子音のコンビネーションによる夜霧のように深く浮遊感のあるデュオ・パフォーマンスを延々と披露した驚愕のディープ・エレクトロニック・ジャズ作品。それでいて北欧特有のオーガニックな感覚も持ち合わせているという非常に稀有な1枚。Miles DavisがDon CherryとJohn Appletonの『Human Music』に参加しているかのよう。さらに言えば出音は違いますが、Jasper Van't HofとMarcus Stockhausenによる『Aqua Sanza』や、Jasper Van't Hofも参加したApocalypseの『Twilight Music』にも通じる感覚。これはぜひ聴いて頂きたいです。

A1: Concession
A2: Concord
B5: Conclusion

organic sound, experimental jazz, free jazz, deep jazz, electric jazz, electronic, synthesizer

ORGANIC MUSIC PLANET BABY
Top