Yuji Takahashi + Masahiko Sato “1974”

Yuji Takahashi + Masahiko Sato “1974”

通常価格
¥3,960
販売価格
¥3,960
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

高橋悠治+佐藤允彦
1974
Denon (Japan) 1983
OS-7111-ND (LP)
sleeve : EX(側面一部/角わずかに擦れ,裏面ごく小さな汚れ1ヶ所あり)
media : EX/EX-(わずかにチリノイズが入る箇所あり,B2:一部軽いチリノイズが入る箇所あり)

ガイドブック『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』掲載。Iannis Xenakisのもとで音楽理論を学び、一柳慧、武満徹らと並び世界的に活躍する現代音楽家/作曲家/ピアニストの高橋悠治と、1969年にリーダー・アルバム『パラジウム』でデビュー以降、第一線で活動を続けた日本を代表するジャズ・ピアニストの佐藤允彦による1974年発表の共演アルバムにして超傑作。こちらは日本コロムビアのDenonレーベルから<続・日本の現代音楽>シリーズの第5弾として1983年にリリースされた再発盤。収録曲全3曲、高橋悠治と佐藤允彦による即興演奏で、side Aはアコースティック・ピアノによる18分49秒にも及ぶインプロ、side Bでは、プリペアド・ピアノのほかEMS Synth-Aシンセサイザーに接続され変調されたアコースティック・ピアノやエレクトリック・ピアノによるインプロが演奏者も予想できない偶発的なサウンドを発するというチャンス・オペレーション的即興音楽が展開。フリー・ミュージックの極地。ジャケットの裏に掲載された両氏のコメントが胸に突き刺さります。

B1: Taklamakan
B2: Lob Nor 

Language
Japanese
Open drop down
Japanese