Stomu Yamash’ta: Percussion Recital “Hito”

Stomu Yamash’ta: Percussion Recital “Hito”

通常価格
¥2,420
販売価格
¥2,420
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Stomu Yamash’ta: Percussion Recital
Hito
Denon (Japan) 1980
OW-7852-ND (LP)
sleeve : VG+(RW,SPSE:8cm程底面亀裂,やや色あせ)
media : EX/EX(わずかにチリノイズが入る箇所あり)

1960年代後半よりクラシック/現代音楽のフィールドで活動しその名を轟かせた日本人打楽器奏者、ツトム・ヤマシタが1971年に東京文化会館で行なった演奏を収録した傑作ライヴ・レコーディング・アルバム。こちらは1980年に日本コロムビアのDenonレーベルによる<現代日本の音楽1500>シリーズからリリースされた再発盤。邦楽家の藤舎呂悦、藤舎推峰が参加。評論家として知られるH. Tircutが1962年に室内オーケストラと打楽器のために作曲した作品を取り上げたside A、1970年に秘密裏に日本へ帰国し、武満徹宅に泊まりながら藤舎呂悦、藤舎推峰との演奏のために作曲した三楽章のside B、いずれも鼓や横笛など日本の古典楽器の演奏とともに繰り広げられる感情表現豊かな音の世界が最高に素晴らしいです。

A2: Hito I. Ikari
B2: Uzu - Improvisation
Language
Japanese
Open drop down
日本語