A. Violette/M. Horwood “Sonata for Two Piano/Overture for Piano Players and Two Assistants”

A. Violette/M. Horwood “Sonata for Two Piano/Overture for Piano Players and Two Assistants”

通常価格
¥2,970
販売価格
¥2,970
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Andrew Violette/Michael Horwood
Sonata for Two Piano/Overture for Piano Players and Two Assistants
Opus One (US) 1977
Number 36 (LP)
sleeve : VG+(SPSE/TOC:上下側面裂け/テープ補修,細かい染み,汚れ)
media : EX-/EX-(わずかなチリノイズ/軽いチリノイズが入る箇所あり)

Lejarin HillerやLukas Fossらから音楽教育を受け、70年代から2000年代初期までにオーケストラから室内楽、パーカッション音楽やテープ・ミュージックまで多岐にわたる作品を残した作曲家Michael Horwood、同様に20年代から現在にいたるまで現代音楽のフィールドで活動を続ける作曲家のAndrew Violetteの作品を収録した1977年リリースのアルバム。1966年に作曲家のMax Schubelによって創設され、数多くの名盤を残すOpus Oneから。両者ともにピアノのためのコンポジションで、Andrew Violetteは5つのムーヴメントからなるピアノ・ソナタで、テンポ・チェンジやポリリズムが多用された動きのあるスコア。Michael Horwoodは強烈なハンマー・ストロークを用いたアタックの強いフレームによるスコア。

A: Andrew Violette “Sonata for Two Piano”
B: Michael Horwood “Overture for Piano Players and Two Assistants”
Language
Japanese
Open drop down
Japanese