Blue Box “Sweet Machine”

Blue Box “Sweet Machine”

通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Blue Box
Sweet Machine
Enja (Germany) 1985
ENJA 5001 (LP) DMMインナースリーヴ
sleeve : NM-
media : EX/EX+(一部わずかにチリノイズが入る箇所あり,A3:軽いチリノイズ1回あり)

Reiner Winterschaladen(tp)、Aloys Kott(b)、Peter Eisold(dr,per)からなるドイツのグループ、Blue Boxによる1985年リリースのアルバム。1989年に発表された『Captured Dance Floor』も秀逸ですが、こちらはかなり実験的な趣向に打って出た作品で、ファンク期のMiles Davisの影響下にありながらコンピューター・ドラムやモジュレーション処理されたベースなどエレクトロニクスを駆使した斬新なサウンドが終始展開。Wolfgang DaunerがECMから発表した激烈名盤『Output』や、プロト・テクノのひとつと言われるクラウト・エレクトロニクス名盤『Zero Set』を彷彿とさせる瞬間もあり、かつ、坂田明や近藤等則に通じるエッジの効いたエクスペリメンタル・ジャズ・ファンク。どこかDon Cherryの面影を感じさせるReiner Winterschaladenのトランペットが深く浮遊するA3のような楽曲も秀逸。

A3: Dragon-Fly and Peanut
A5: Woody Woodpecker
Language
Japanese
Open drop down
Japanese