Charles Loos “Tout Seul”

Charles Loos “Tout Seul”

通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Charles Loos
Tout Seul
Igloo (Belgium) 1982
IGL 018 (LP) シルクスクリーンジャケット
sleeve : NM-
media : EX+/EX-(わずかにチリノイズが入る箇所あり,B2:小さなスリキズによる軽いチリノイズ一部あり)

フュージョン・グループAbraxisやニューウェーヴ・バンドCosのメンバーとして活動したベルギー人鍵盤奏者で、1986年に発表されたSteve Houbenと Claude Mauraneとのトリオ作品『HLM』をガイドブック『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』でも取り上げたCharles Loosによる1982年リリースのアルバム。アコースティック・ピアノとエレクトリック・ピアノによるソロ・パフォーマンスで、どこか物悲しさを感じさせながらも情緒的で、ときにはエモーショナルに感情が溢れ出す、とても素晴らしい旋律を奏でています。Mike NockがECMから発表した名作『Ondas』に通じます。シルクスクリーン・プリントが施された深い陰影のジャケットも美しいです。

A1: Preambule - Hematome
B1: Valse de la Mort - Interstice - Clementine
Language
Japanese
Open drop down
Japanese