Friedrich Gulda “It’s All One”

Friedrich Gulda “It’s All One”

通常価格
¥2,970
販売価格
¥2,970
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Friedrich Gulda
It’s All One
MPS/Teichiku Records (Japan) 1980
ULS-3198-P (LP)
sleeve : EX+(WC)
media : EX+/EX+(一部わずかにチリノイズが入る箇所あり)

1950年代初期より第一線で活躍し、スタンダード/モダン・ジャズ畑でありながら、1971年作『Fata Morgana』や1977年作『Nachricht Vom Lande』など、スペーシーかつカオティックなコスミック・ジャズ名盤を残しているオーストリア・ウィーンを代表する名ジャズ・ピアニスト/コンポーザーFriedrich Guldaによる1970年発表のアルバム。こちらは1980年にテイチク・レコードからリリースされた日本盤の初回盤。Guldaによるアコースティック・ピアノとエレクトリック・ピアノに、Klaus Weissのドラムのみというシンプルな編成で録音された作品。A面は「ピアノ、電気ピアノ、ドラムスのための組曲」と題された16分をこえる長編スイートで、上述の作品の前哨戦とでもいうべきエレクトリック・ピアノの情熱的なサウンドと静観の対比が素晴らしいです。Fritz Pauerとの共作で「瞑想曲 III」と題されたB1も、静と動のコントラストによりタイトルとおりの精神性極まる瞑想世界を描き出しています。B2はWeissのグルーヴィなドラミングとともにリズムが躍動するソウルフルな1曲。全編大推薦です。

A2: Suite for Piano, Electra Piano & Drums - Bossa Nova
B1: Meditation III
B2: Blues Fantasy
Language
Japanese
Open drop down
Japanese