Fripp & Eno “Evening Star”

Fripp & Eno “Evening Star”

通常価格
¥2,970
販売価格
¥2,970
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Fripp & Eno
Evening Star
Polydor (UK) 1975
POLYDOR SPECIAL 2343 094 (LP) コーティングジャケット
sleeve : EX-(薄い汚れ)
media : EX+/EX+(一部わずかにチリノイズが入る箇所あり)

UKのレジェンダリーなプログレッシヴ・ロック・バンドKing Crimsonの中心的存在のRoberrt Frippと、Roxy MUsicを脱退し、自身のレーベルObscureを創設した時期のBrian Enoがタッグを組んだアンビエント・プロジェクト、Fripp & Enoによる1975年発表のアルバム。1973年発表の『(No Pussyfooting)』に続く第2作目で、サウンドの志向は完全にアンビエント/エクスペリメンタルへと移行していますが、Manuel GottschingやMoebius、RoedeliusらによるHarmoniaなどのクラウト・ロックと呼応するかのようなエレクトリック・ギターの煌めくようなサウンドが大々的にフィーチャーされています。とくにA1は1990年代以降のクラブ・シーンにおけるアンビエント/チルアウト・ミュージックの典型的なフォーマットとして、現在も広く引用されています。盤面いっぱいに収録されたB1はシンセサイザーとエレクトリック・ギターのフィードバックが生み出す果てしなく深いドローン・サウンドで、こちらも大古典と呼うべき1曲。歴史的名盤です。Polydor制作のUK盤スペシャル・エディション。

A1: Wind on Water
B1: An Index of Metals
Language
Japanese
Open drop down
Japanese