Gloria Niemann Quintet “Bittersweet”

Gloria Niemann Quintet “Bittersweet”

通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Gloria Niemann Quintet
Bittersweet
Plainisphare (Switzerland) 1983
PAV 807 (LP)
sleeve : NM(IN SHRINK)
media : NM/NM

スイス人フィメイル・ジャズ・シンガーGloria Niemann Quintet率いるクゥインテットによる1983年リリースの知られざる傑作アルバム。Rene Zedi(vib)、Bruno Durring(p)、Jurg Salchli(b)、Juan Puigventos(ds)が参加。70年代から80年代にいくつかの作品に参加している以外はおもてだった活動遍歴のないGloria Niemannですが、モダン、ラグタイム、ブルースなど比較的ストレート・アヘッドなジャズ・ナンバーを歌い上げるそのヴォーカルがあまりにも素晴らしく、Miles DavisのカヴァーA3、Antonio Carlos JobimのカヴァーB1など聴きどころ満載。なかでもオススメしたいのが、1969年にアメリカ映画『The Happy Ending』の劇中歌としてMichel Legrandが作曲し、その後数多くのシンガーに歌い継がれる名曲をカヴァーしたB2。抑揚を抑えた渋い演奏とGloria Niemannの感情表現豊かなヴォーカルがグッと胸を締めつける、美しく切ないバラード・ナンバー。素敵過ぎます。このような作品が人知れず埋もれているのはなぜなんでしょうね。

 A3: All Blues
 B2: What Are You Doing The Rest Of Your Life
Language
Japanese
Open drop down
Japanese