Gregorio Paniagua “La Folia”

Gregorio Paniagua “La Folia”

通常価格
¥4,950
販売価格
¥4,950
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Gregorio Paniagua & Atrium Musicae
La Folia
Harmonia Mundi/Victor (Japan) 1982
VIC-28079 (LP) 帯, 見開きインサート
sleeve : EX+(角わずかに擦れ)
media : EX/EX(わずかにチリノイズが入る箇所あり)

スペインはマドリッド出身の古楽奏者にして古楽研究の第一人者Gregorio Paniaguaによって19964年にマドリッドで結成された古楽合奏集団、Atrium Musicaeよる1982年リリース名盤中の名盤。Gregorio Paniaguaはアラブや地中海の古典音楽を現代音楽に落とし込んだスパニッシュ・コンテポラリー/ニューエイジ・シーン立役者のひとりであるLuis Paniaguaの実父で、古代ギリシャ音楽をはじめ古楽を現代に蘇らせた偉大な音楽家。日本では故長岡哲男さんなどのオーディオ・マニアによって優秀録音として発掘/評価がされたことで知られます。本作にもLuis Paniaguaをはじめ、Luisのソロ作品やBabiaにも参加しているEduardoらが参加。中世スペインの古楽を軸としながらも単なる古典ではありません。さまざまな民族楽器を駆使しながら異国情緒溢れるエスニック・ミュージックを創造した素晴らしい作品。Luis Paniaguaの諸作品はもちろんのこと、ガイドブック『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』のスペイン特集で紹介したBabia、Luis Delgado、Orquesta De Las Nubez作品のルーツとして是非聴いていただきたい1枚。音質も非常に優良。

 A5: Parsimonia Aristocraciae
 B3: Nobilissima / Degradans Et Corruptae
 B4: De Pastoribus
 B5: Alter Indica Perfecta
Language
Japanese
Open drop down
Japanese