Hanegi Koen “Well Worth A Visit”

Hanegi Koen “Well Worth A Visit”

通常価格
¥2,640
販売価格
¥2,640
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Hanegi Koen
Well Worth A Visit
Subtempo (US) 2021
SBTMP014 (12”)
sleeve : NEW(SS)
media : NEW(SS)

イギリスの映像作家Sam KingとカナダのレーベルヘッドSean Mallion (ADSR Collective)によるクリエイティブデュオ、Hanegi Koen(羽根木公園)による4曲入り12インチ・シングル。
2人は結成当初から、ラップトップやデジタル・エフェクトではなく、アナログ・シンセやドラム・マシンを使用し、シンプルで自然なライブ・アプローチで曲作りを行ってきました。ディレイの効いたメロディーと太陽の光を浴びたサイケデリアが織り成す豊かなサウンドは、日曜日に地元の緑地に出かけるのに最適な音楽となりました。イギリスを拠点とするエレクトロニカ・バンド「Maiians」のメンバーだったSamは、メロディックでキャッチーなギター・リフを、Seanの太いベースラインと長年のプロダクション・ノウハウの上に乗せています。
彼らのデビューEP「Well Worth A Visit」は、彼らが住む世田谷の環境や自然、そして日本中で必然的に遭遇する奇妙で素晴らしい光景や音からインスピレーションを得て、アブストラクトなフィールド・レコーディングで表現されています。セルフプロデュースで、すべての曲はSamのロフトスペースで作曲され、自宅のスタジオで録音されました。日本人プロデューサーの青木孝允がミックスを担当したこのEPは、2人のバンドとしての最初の1年を総括するものとなっています。
デビューシングル「Polaris」は、バンドが最初に作った曲の一つ。台風後の公園の音に混じって虫の鳴き声が聞こえてくるこの曲は、公園の穏やかな雰囲気を見事に表現しています。添えられたビデオは古いHi-8ビデオカメラで撮影されたもので、公園とバンドを紹介すると同時にシーンを盛り上げています。このビデオのアナログ感と古いVHSテープの美学は、バンドの作曲プロセスの性質と、ノスタルジックでありながら多幸感のあるスタイルへの敬意を表しています。


Language
Japanese
Open drop down
Japanese