Ichiko Hashimoto “view” CD

Ichiko Hashimoto “view” CD

通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

橋本一子
view
najanaja (Japan) 2021
NAJA-010 (CD) 紙ジャケット, 帯, インサート
sleeve : NEW
media : NEW
release date : 21st July 2021

Colored Musicや数々の傑作ソロ作品で今や世界中の音楽愛好家を虜にしているピアニスト/ヴォーカリスト/作曲家、橋本一子の最新録音ニュー・アルバムが登場。オリジナル曲からJohn Coltrane、Toninho Horta、The Beatlesやスタンダード・ナンバーなどを独自に解釈したカバーまでを披露。今私たちが置かれている現状に対する思いに、奥深く染みてくる素晴らしい音楽です。ジャズ・ファンだけではなくアンビエント/ニューエイジが好きな方にもぜひ聴いていただきたいです。僭越ながらオフィシャル・コメントを担当させていただきましたので、ご一読ください。



闇、幻影、美しきディープ・アンビエンス。

 ソロ活動や数々のプロジェクトを通じて、常に先鋭的な音楽表現を続ける橋本一子。藤本敦夫とのユニット”カラード・ミュージック”のデビュー・アルバムは、1981年のリリースから40年の歳月を経た今もクラブ・ミュージック・シーンに大きなインパクトを与え、『Ichiko』『Beauty』をはじめ80年代に発表した多くのソロ・アルバムは、現行のアンビエント/ニューエイジ・シーンやジャパニーズ・ポップスのリバイバル・シーンにおいてもワールドワイドに高い支持を得る。彼女の音楽は時代、世代、国境を超えて、今なお多くの人々に共鳴し続けている。近年では、中村善郎とのボッサ・デュオで見せた軽やかな身のこなしや、昨年11月に公開された手塚眞監督作品『ばるぼら』のサウンドトラックで描いた光と影のコントラストなど、特定のジャンルやスタイルに括ることが無意味なまでに多彩なクリエイティビティを発揮している。一方で、自身の名を冠したアルバムは長らく発表されていなかったが、待望の新作が遂に誕生した。2009年の『Arc’d-X』以来、実に12年ぶりとなるニュー・アルバム、『view』。橋本一子は今、何を見つめているのか。

 自らがプロデュースを手掛け、彼女の音楽性を誰よりも理解する藤本敦夫がディレクションをつとめた本作には、書き下ろされた5曲のオリジナルと6曲のカヴァーが収めれられている。果てしなく繊細なアプローチのピアノ、ヴォーカルの概念を超越したヴォイシング。それらは互いに共鳴し合い、増幅され、深遠な響きを生む。藤本敦夫による微細な粒子を放つドラムとクールにグルーヴするベース、類家心平のエフェクティヴなトランペットと菊地成孔によるアルト・サックスの浮遊感、完璧なハーモニーを奏でる橋本眞由己のコーラス。参加したゲスト・ミュージシャンたちは、彼女の音楽に欠かすことのできないエレメントを明確に付与する。アルバムの全体像をかたちづくるその美しい響きの連なりには、これまでのどの作品にも増して、橋本一子という音楽家の本質的な身体感覚のあらわれを感じさせる。静謐な音の世界の内側にある、計り知れないほどのディープな身体性。彼女は自らの潜在意識の奥深くまで潜り、個の存在の先に浮かび上がる闇や幻視に身を委ねる。恐れ、悲しみ、祈りに共鳴した響きを呼吸しながら全身に振動させる。その振動はピアノの旋律やヴォイスへと姿を変えて、美しい音楽が生まれる。そしてまた、深く響いていく。

Inside, Outside. Don’t be afraid.

Chee Shimizu



TRK 2: blue
TRK 6: beijo partido
TRK 8: good girl

Language
Japanese
Open drop down
Japanese