Orquesta La Solucion “S.T.”

Orquesta La Solucion “S.T.”

通常価格
¥4,400
販売価格
¥4,400
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Orquesta La Solucion
Orquesta La Solucion
Performernce Records (US) 1981
PLP-VS1430 (LP)
sleeve : EX+(IN SHRINK,角軽い擦れ)
media : EX/VG+(一部わずかにチリノイズが入る箇所あり,B2後半/B3前半:薄いスリキズによるわずかなプチノイズが入る箇所あり,A4/B4ランアウト:薄い擦れによる軽いチリノイズあり)

ベーシストのRoberto Riveaを中心に1973年に結成されたプエルトリコのサルサ・グループ、Orquesta La Solucionによる1979年発表の2ndアルバム。Eddie Palmieriの弟でラテン・ジャズ/サルサ・シーンにおける重要なキーボード奏者であるCharlie Palmieri、プエルトリコにキューバのサルサを広めたシンガーのJust Betancourt、ガイドブック『obscure sound 桃源郷的音盤640選』でも取り上げたRoberto Roenaの6thアルバムにも参加しているピアニストのMario Romanをはじめ、名プレイヤーが多数参加し、マンボ、ルンバ、デスガルガ、これぞサルサというべきなんとも素晴らしいパフォーマンスを全編で披露した傑作。B4が最高過ぎます。こちらはジャケ違いでリリースされた1981年盤。

B2後半からB3イントロにかけて7mm程の薄いスリキズがありわずかなプチノイズが入る箇所がありますが、ほとんど気にならない程度です。

A1: Salsa Buana
B4: Una Manana

Language
Japanese
Open drop down
Japanese