Presser ”Electromantic“

Presser ”Electromantic“

通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Presser
Electromantic
EMI (UK) 1982
EMC 3428 (LP) オリジナルインナースリーヴ
sleeve : NM-
media : EX-/EX(わずかにチリノイズが入る箇所あり,A:再生に影響ないわずかな反りあり)

東欧ハンガリーの名門レーベルPetitaから、プログレッシヴ・ロック・バンドOmegaとLocomotiv GTの中心メンバーだったキーボード・プレイヤー、Gebor Presserによる1982年リリースのソロ・アルバム。全編シンセサイザーによるエレクトロニック・ミュージックですが、ドラム/パーカッションを中心にライヴ・インストゥルメンタリストも参加し、プログレ畑出身だけあってかなり派手でドラマティックなシンフォニック・サウンドを展開していますが、要所に垣間見せるウェットな質感のドリーミーなアナログ・シンセサイザー・サウンドがとても素晴らしいです。冨田勲や東海林修などの大御所をはじめ、日本にも当時はこのようなシンセサイザー・ミュージック作品がたくさんありますね。サウンド・メイクも非常に繊細。気持ち良い曲だけ大推薦です。

A面が凹の状態で盤面にわずかな反りが見られますが、問題なく再生可能です。B面は安定しています。

A2: Z Op.1.
A4: Valvola
B6: D.D.
Language
Japanese
Open drop down
Japanese