Ryuichi Sakamoto “Esperanto”

Ryuichi Sakamoto “Esperanto”

通常価格
¥3,960
販売価格
¥3,960
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

坂本龍一
エスペラント
School (Japan) 1985
MIL-1007 (LP) Promotional copy, インサート
sleeve : EX+(角わずかに擦れ)
media : EX+/EX(一部わずかにチリノイズが入る箇所あり,A3:再生音に影響ない薄く小さなスリキズ1本あり)

ガイドブック『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』掲載。坂本龍一がアメリカの女性前衛舞踏家Molissa Fenleyのダンス・パフォーマンスのために製作した音楽を収録した1985年リリースのアルバム。Yas-Kaz(perc)、Arto Lindsey(e-g)といった名前を聞いただけで期待値Maxなアーティストが参加。世間的にはどう思われているのかわかりませんが、数ある坂本龍一作品のなかでも私的に最高傑作として長年愛聴している1枚。フレーズを細かく分解しランダムに再構築するという偶然性の音楽を実践したJohn Cageに習う現代音楽的発想やミニマリズムが随所に散りばめられています。1980年代中期という時代柄、同時期に作られた作品ではデジタル・シンセサイザーの派手なサウンドが目立つものが多いのですが、本作はま現行のダンス・ミュージックに混ぜてもまったく時代差を感じさせません。全曲最高な傑作中の傑作。小鉄徹によるマスタリングも素晴らしく、非常に良い音質。

A1: a Wongga Dance Song
A3: a Rain Song
B2: a Carved Stone

Language
Japanese
Open drop down
Japanese