Shinichi Yuize “Music of Shinichi Yuize s’”

Shinichi Yuize “Music of Shinichi Yuize s’”

通常価格
¥3,960
販売価格
¥3,960
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

唯是震一
唯是震一の音楽
CBS/Sony (Japan) 1971
SOJZ 1~3 (2LP) Box Set, ブックレット, オリジナルインナースリーヴ(染み多数)
sleeve : VG+(SPSE:ボックス背面亀裂/テープ補修,角1ヶ所剥がれ,側面/角擦れ)
media : EX-/EX-,EX/EX,EX/EX(わずかにチリノイズが入る箇所あり,Disc 1:一部軽いチリノイズ/軽いプチノイズ数回あり)

都山流尺八家の唯是想山と生田流箏曲家の唯是菊枝の長男で、幼少期より尺八と箏の手ほどきを受け、東京音楽学校在籍時に箏曲家の宮城道雄に師事。50年代にはHenry Cowellに師事しオーケストレーションと現代音楽の作曲法を学び、以降、さまざまな交響楽団との共演を重ねるほか現代邦楽の作曲も数多く残した、唯是震一の音楽を収録した、1971年リリースの3枚組ボックセット。山本邦山が全面的に参加しています。レコード2枚分を費やし14の楽章で構成された長編組曲「石狩川」は西洋的な技法も用いながら北海道の自然を表現した楽曲ですが、印象としては古典的な邦楽からの逸脱感はありません。注目はディスク3のB面に収録された2曲。中島靖子の十七絃独奏によるF1はミニマルな要素も多分に感じさせ、、山本邦山の尺八と唯是自身の箏による二重奏F2はどこか異国情緒があふれます。

F1: 十七絃独奏の為の六つの前奏曲 2
F1: 十七絃独奏の為の六つの前奏曲 3
F2: 四つのフューゲッタ
Language
Japanese
Open drop down
Japanese