Sumire Yoshihara “The Music Space of Percussion II”

Sumire Yoshihara “The Music Space of Percussion II”

通常価格
¥2,530
販売価格
¥2,530
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

吉原すみれ
打楽器の世界 II
Camerata (Japan) 1980
CMT-1027 (LP) 帯(ごく薄い汚れ)
sleeve : EX+
media : NM-/NM-(一部ごくわずかにチリノイズが入る箇所あり)

Clara Mondshine名義でもInnovative Communicationに名盤3作を残すWalter Bachauerが主宰し1976年にドイツ・ベルリンで開催されたメタ・ムジーク・フェスティヴァルに出演し、一柳慧の打楽器コンポジション『Arrangements』を初演するなど、海外での評価も顕著な日本人打楽器奏者、吉原すみれによる1981年リリースのアルバム。1979年より続く『打楽器の世界』シリーズの第2弾。本作では三人の日本人作曲家、福士則夫、藤田正典、北爪道夫によるコンポジションを取り上げています。福士則夫によるA1はソロ・パーカッションのためのスコアで、ある定数と不定数からなる増殖域で構成され、木質、金属、皮、金属、木質の5つのパートが循環しています。藤田正典によるB1はリズムのみに重点をあてた打撃音と無音の「間」で構成されています。北爪道夫によるB2は加藤盛寿によるバス・クラリネットとのデュオで、イントロの音形が様々に変形しながら連鎖していきます。

 A1: Ground I
 B1: 一如 I
Language
Japanese
Open drop down
Japanese