Terje Rypdal “Whenever I Seem To Be Far Away”

Terje Rypdal “Whenever I Seem To Be Far Away”

通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます
コンディション表記について

Terje Rypdal
Whenever I Seem To Be Far Away
ECM Records (US) 1974
ECM 1045 ST (LP) カンパニーインナースリーヴ
sleeve : EX(SRW,側面一部/角軽い擦れ)
media : VG+/VG+(静音部でバックグラウンドノイズあり,A:再生に影響ないわずかな歪みあり)

1960年代初頭にロックンロール・バンドThe Vanguardsでデビュー後、1960年代中後期に同郷のギタリストJan Garbarekとの出会いによりジャズへとフィールドを移し、以降その幅広い音楽的センスにより数々の名作を残すこととなるノルウェー屈指の技巧派ギタリスト、Terje Rypdalが1974年にリリースしたECMからの2作目にして超傑作。Jon Christensen(per)、Sveinung Hovensjo(b)、Pete Knutsen(mellotron,el-p)、Odd Ulleberg(fh)ら北欧のジャズ・ミュージシャンが脇を固めています。side AはPete Kuntsenによるメロトロンのトリッピーなサウンドを交えながら、Terje Rypdalのサイケデリック極まりないエレクトリック・ギターが炸裂。17分37秒に及ぶside Bは、Sudfunk Symphony Orchestraを迎えた壮大なオーケストラ・ジャズ・トリップ。いずれも宇宙的な広がりを感じさせるコスミック・ジャズ・ロック名作。ポリドール配給のUS盤。当時のECMカタログがプリントされたインナースリーヴがついています。

A1: Silver Bird is Heading for the Sun
B1: Whenever I Seem To Be Far Away
Language
Japanese
Open drop down
Japanese